Manuela Guest Day

(Cristina Mita & Los Mejores)

11月10日は、10月のParty's Partyに予告登場をお願いしたクリスティーナ三田さんとLos Mejores(素晴らしい仲間)の皆さんでした。

ラテン音楽は中南米の国々の音楽を指しますが、伝統的なメキシコのボレロを唄う歌手やグループは本国メキシコでも少なくなっているのです。しかし、歴史は繰り返すといいます。何かのきっかけでラテンが大流行するのではないでしょうか。

 

女性の歳がばれてしまうのはいささかはばかるものの、クリスティーナ三田さんは30余年のキャリアを持ったラテン歌手です。

ウェブマスターが2001年にトリオロスパンチョスのコンサートに何十年ぶりに出かけたのですが、そのコンサートのゲストに彼女が呼ばれていました。

マヌエラ関係の人に対しては、一足お先に彼女の歌を聴いていたのです。

ロス・メホーレス(最高の仲間たち)
ピアノ
菊池雅洋
ギター
吉原 寛
ベース
牧島克彦
パーカッション
ポッポ渋谷
それに大橋さんの飛び入りです

美空ひばりの「川の流れのように」はメキシコでもスペイン語の歌詞がつけられて歌われています。クリスティーナの愛唱する「川の流れのように」は、また一味違ったいい歌です。

日本のメロディはメキシコの人たちは昔から大好きで、トリオロスパンチョスも「さくら」など日本語で器用に歌っていました。違和感がないようです。

クリスティーナ・ファンの皆さんも、普段演奏しない曲が多数用意されていましたので堪能されました。

ラテンとなれば、マヌエラ常連のお囃子も当然のように沸いて出てきます。
クリスティーナ・ファンはびっくりされたことでしょう。

ベースの牧島君は、トラではありません。ロスメホーレスのレギュラーのベースです。

ポスター

 

オフィシャルサイト:http://www.cristina-mita.com/