店内の様子

この奥まったドアがリトル・マヌエラの入り口です。分厚いドアを開くとジャズの熱気があふれ出してきます。

一日の疲れを癒す「ホッ」とする一瞬です。

 
店内はそれほど広いわけではありません。誕生会や昇進祝いなどのプライベートな会があると、どなたにでも加わってもらい一緒に騒いでいただくのですが、40人にもなると大混雑の様相を呈します。
こんな大混雑は15年も前は毎晩のように続いていたのです。
しかし、今では平日はとても静かです。たっぷりと歌っていただけます。また、ゆっくりく落ち着いて飲んだり談話していただくのにも最適です。
 

お店に入ると右側にピアノとカウンターが見えます。

ピアノとベースはプロが常駐、ドラムセットもおいてありますので、お客様でも自信のある方には加わっていただきます。

ピアノ:
中田光雄

ベース:
新井 真
大角一飛

ピアノの席(店主はここからお客様の様子などを眺めている)から店内を見たところです。モノトーンの落ち着いた内装です。

2014年4月より

バーカウンターよりボックス席を望む。

遅い時間なのでしょうか。一人静かにもの思いにふけっているお客様も渋くていいものです。