第2回セッションデー

あっという間に1ヶ月が過ぎ、2回目のセッションデーとなりました。先月は時ならぬ台風に災いされ閑散としたセッションデーで腰砕けでした。

今日は、格好がつきました。みなさん、開始時刻の5時にはいらしていたそうです。

Webmasterは取材に6時頃でかけました。マヌエラの扉を開けて入ると、ただならぬ雰囲気に驚きました。すごい緊張感が漂っているのです。通常の雰囲気をご存知の方には想像がつかないと思います。どんな雰囲気かをここに書いてしまうのがもったいないくらいです。

皆さん、オーディションでも受けているような真剣勝負という感じです。店主も伴奏していて「緊張しちゃうよ」と、いつもとは表情もリラックスしているようには思えません。

自分以外の方の歌も、真剣に聴いていらっしゃいます。日頃の練習の成果を、プロのトリオをバックに発揮するのはいい気持ちでしょう。名古屋から、昨日のご自分の師匠のライブとマヌエラ・セッション・デーの参加のために名古屋からはるばる上京した方もいらっしゃいました。

常連の方も、是非、見学にいらっしゃい。マンネリズムから抜け出す新鮮な雰囲気があります。

今夜は、店主中田光雄(p)、大角一飛(b)、池貝政俊(d)のトリオがバックです。


池貝さんはベテランのドラマーです。皆さん、唄い易かったはずです。
今月は皆さんがいらしていただいたのでホッとしていました。

出番を待つ皆さん。次は何を唄うかもう決まっているのです。
聴いているほうも緊張しました。皆さん、すばらしい歌を有難うございました。